神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 不動産・賃貸・建築問題 > 賃料を下げてもらいたい

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

不動産・賃貸・建築問題賃料を下げてもらいたい

家賃の減額が認められるか否かは、現在の家賃が適正な価格と考えられる賃料と比べて「不相当に高額であるか」が重要なポイントになります。

家賃を減額してもらうには

現在の家賃が、適正な価格と考えられる賃料と比べて「不相当に高額であるか」を調べるには、近隣の同程度の条件の賃料と比較して、家賃が高額であることが分かる資料を収集します。
具体的には、

という事情が必要です。この条件を満たす場合、契約条件に関わらず、賃借人からも賃料の減額を請求することができるとされています。

家賃の減額を交渉するには

実際の交渉方法としては、まずは賃貸人又は不動産管理会社宛に、賃料を減額してほしい旨の要望を伝えます。それでもまとまらない場合は、民事調停を申立て、賃料の改定を求めることができます。
しかし、賃料を減額請求を、適切な証拠を示さず行うと、賃貸人との信頼関係が悪化したり、減額請求に要する労力や費用かさみ、仮に減額できても返って不利益になるおそれもあります。状況に応じて最適な減額請求を行うには、専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから