6

神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 夫婦間の問題でお困りの方 > 夫婦間問題Q&A

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

夫婦間の問題でお困りの方慰謝料請求についてQ&A

Q1.離婚に際して、どのような場合に慰謝料をもらえるのでしょうか。

 離婚に伴う慰謝料は、離婚そのものによる慰謝料と、離婚原因を作って夫婦関係を破綻させたことによる慰謝料の2種類がありますが、両者はあまり区別されずに処理されることが多いです。離婚後に慰謝料を請求することもできますが、3年間で時効にかかってしまう恐れがあり、なるべく離婚前に片づけておいた方がよい問題だと思います。
 離婚原因についての慰謝料は、離婚を招いた行為による精神的な苦痛を償うものです。不貞行為や暴力が多いですが、配偶者が通常の性関係を持てない場合にも慰謝料が発生する可能性があります。

Q2.慰謝料の相場はあるのでしょうか。

 夫に愛人ができて肉体関係をもった場合、夫と愛人の不貞行為として、両者に対して慰謝料の請求をすることができます。
しかし、すでに夫婦間の婚姻関係が破綻していたような場合には、慰謝料請求は認められません。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから