神奈川県 横浜市の弁護士トップ > クレサラ問題・過払い金請求 > 「ブラックリスト」の問題

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

クレサラ問題・過払い金請求「ブラックリスト」の問題

ブラックリストという言葉はよく耳にすると思いますが、実際にそういうリストがあるわけではありません。ここではブラックリストの概要と、効果について解説します。

ブラックリストとは

ブラックリストとは、信用情報機関に登録された「事故情報」のことをいいます。
消費者が、クレジットカードを作ったりローンを組んだりする際、申込書に名前や住所などを記入するのが通常ですが、これらの顧客情報は、「信用情報機関」に登録されます。
利用したクレジットの返済やローンの返済が一定期間滞ったり、破産した場合などに、こうした情報が「事故情報」「ブラックな情報」として、いわゆる「ブラックリスト」として登録されるのです。

信用情報機関によって運用は異なりますが、「事故情報」としてブラックリストに登録されるのは以下のようなケースが挙げられます。

延滞:約定返済日より一定期間返済が遅れた場合、3回以上滞った場合
債務整理:民事再生、自己破産、任意整理などの手続をした場合
代位弁済:契約者が返済不能に陥り、連帯保証人等からの弁済に切り替わった場合

ブラックリストに載ったら

ブラックリストに載る、つまり「事故情報」が登録されると、金融取引上の影響が生じます。
具体的には、新規に借入ができなくなる、ショッピングローン、自動車ローン、住宅ローン、クレジットカードの手続や発行ができなくなるなどです。しかし、あくまでも「個人の金融機関情報」なので、就職や資格に不利になる、勤務先に調査される等の影響はなく、基本的には、家族、親類等への弊害もありません。
ただし、銀行等の金融機関に勤務している場合は、ブラックリストに登録されていることが影響する場合もあるので注意しましょう。
なお、ブラックリストに登録されていなくても、1か月以内に3つ以上のクレジットカードの申請をすると「借り回し」とみなされて審査が通らない場合があります。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから