神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 刑事事件・少年犯罪 > 捜査が不安だから相談したい

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

刑事事件・少年犯罪捜査が不安だから相談したい

警察の捜査は、被害届の提出、通報、告訴、告発、職務質問などをきっかけに始まります。犯罪の容疑をかけられた人が不都合な証拠を隠滅することを防ぐために,捜査は秘密裏に進められるのが通常です。そのため,ある日突然に出頭要請や家宅捜索を受ける場合もあります。
突然に捜査の対象となった場合に不利益を被らないためには,適切な対応方法を知り、できれば専門家である弁護士にアドバイスを受けておくことが大きな意味を持ちます。

捜査の事前対応のメリット

犯罪の容疑をかけられている場合に、事前に弁護士に相談しておくことのメリットは、突然の捜査に柔軟に対応できるという点です。警察の取調べにも冷静に対応でき、不必要なことを喋ってしまうというリスクが避けられます。不当な取調べには、弁護士を通じてすぐに抗議の申し入れをすることも可能です。
また、親族の介護などがある人は、事前に弁護士に話をしていざという時に備えておくことで、生活への対応の不安を解消することもできます。
犯罪の容疑をかけられ、捜査が不安な方は、まずは専門家である弁護士に事前に相談しておくことをお勧めします。

弁護士だからできる事前対応

警察の捜査が不安な場合に、弁護士に事前相談しておくことで、弁護士だからできる事前対応を受けることができます。
第一に、刑事事件化を防ぐための対応ができます。
痴漢など被害者がいる事件では、被害届提出から警察が動くまでの間に、弁護士を介して示談を締結し、警察に説明を尽くすことで事件解決の理解が得られる場合があります。被害届を放置しておくと、捜査が進み逮捕に至る可能性があるので、早期の対応が重要です。
第二に、将来の捜査に向けた対応ができます。
事件発生から警察が動くまでの間に、弁護士が事件の内容を把握することで、将来行われるであろう捜査に柔軟な対応が可能になります。突然の逮捕や取調べの要請にも、冷静に対応することは、将来の刑事手続きの方向性に影響する重要なポイントです。
第三に、将来の裁判に備えた対応ができます。
捜査から逮捕までの間に、弁護士が事件の事情を聴きとって有利な証拠を集めておくなどすることで、刑事裁判で証拠として有効に使える場合があります。一度警察に逮捕されると、自由な行動が制限されるので、自由に動ける間に、弁護側ができる限りの証拠を集めておくことは、将来の裁判に向けた有効な活動です。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから