神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 刑事事件・少年犯罪 > 被害者との示談をして欲しい

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

刑事事件・少年犯罪被害者との示談をして欲しい

「示談」とは、刑事事件においては、窃盗や傷害事件など被害者がいる犯罪の場合に、被害者に対して金銭などによる適切な被害弁償を行うことをいいます。ここでは、示談の効果と具体的な弁護活動について解説します。

示談のメリット

示談できれば、釈放の可能性が高まる

示談が成立すれば、これ以上の捜査の必要性がないと判断されやすく、通常より早く留置場から釈放される可能性が高まります。親告罪(強姦罪、強制わいせつ罪、器物損壊罪等)では、告訴の取消しにより直ちに留置場から釈放されます。

示談できれば、不起訴獲得の可能性が高まる

一定の親告罪等では、示談の成立により不起訴を獲得できます。また、親告罪(強姦罪、強制わいせつ罪、器物損壊罪等)では、示談の際に告訴取消しを得ることができれば、確実に不起訴処分を獲得できます。

示談できれば、執行猶予獲得の可能性が高まる

示談の成立は、刑事裁判で被告人側に有利な事情として考慮されます。執行猶予は、被告人側に有利な事情がある場合に認められるので、示談成立は執行猶予の獲得に有効です。

示談できれば、事件解決の可能性が高まる

示談は、当事者間で被害弁償の問題が解決したことを意味します。そのため、刑事事件だけでなく、将来、民事裁判で損害賠償請求をされることを防ぐ効果もあります。

示談交渉するには

示談交渉は、専門家である弁護士に任されることをお勧めします。
なぜなら、そもそも被害者の連絡先が分からないケースや、加害者に直接会うことを拒否する被害者も多いからです。弁護士であれば、検察官から被害者の連絡先を教えてもらえることも多く、弁護士に限り連絡先を教えてもよいという被害者も少なくありません。
また、弁護士が、加害者の示談交渉を代行することで、適切な示談金の額で示談交渉を進めることができます。示談締結後は、示談書を作成して、後日の紛争の蒸し返しを防止することができます。一言で「示談」といっても、その効果は様々です。弁護士が示談交渉することで、最も効果的な示談を締結することが可能になります。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから