神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 職場・上司の問題でお悩みの方 > 会社から異動を命じられた

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

職場・上司の問題でお悩みの方会社から異動を命じられた

人事異動(異動)については労働協約や就業規則等に規定が置かれているのが一般的です。この場合、会社側の配転命令権として認められることが多いのですが、無制限に認められるわけではありません。

人事異動、出向、転籍の違いとは

人事異動(異動)とは、会社組織内で、従業員の地位や配置、勤務状態を変えることをいいます。職種の変更を「配置転換」、勤務地の変更を「転勤」と呼びます。
出向とは、労働者が出向元における従業員の地位を維持したままで、相当な長期間にわたり、グループ企業などのほかの企業(出向先)の業務に従事することをいいます。
転籍とは、労働者が、グループ企業などのほかの企業での業務に従事するために、元の会社との労働契約関係を終了させて、従業員たる地位を移すものをいいます。

異動が無効になる場合

異動については、労働協約や就業規則等に、根拠規定や同意規定が明記されていることが多く、このような規定がある場合、基本的には会社側に従業員の配転命令権が認められ、異動が認められるのが通常です。
しかし、無制限に異動が認められるわけではなく、会社側の配属命令権の行使が濫用であるような場合には、異動が無効となります。

具体的には、会社側に就業規則等で配点命令権が認められていることを前提として、以下のような場合は、異動命令が権利の濫用にあたり無効となります。

異動に業務上の必要性があるにも関わらず、異動が無効とされる具体例としては、退職目的の異動や、大幅な賃金の引き下げや権限の縮小などで職業上の不利益を生じるケース、本人や家族の病気や、介護、共働き等の家庭の事情で生活に不利益を生じるケースなどが該当します。

このことから、権利の濫用にならなければ、会社は配転命令をすることができますが、配転があり得ることについては、就業規則、労働協約等に明記し、会社の配転命令権を根拠づけておく必要があります。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから