神奈川県 横浜市の弁護士トップ > クレサラ問題・過払い金請求 > 法的手続による借金の処理

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

クレサラ問題・過払い金請求法的手続による借金の処理

債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生といった方法があります。ここでは、それぞれの制度について解説します。

任意整理

任意整理とは、債権者(貸主のこと。銀行やサラ金など)と交渉することで、法的手続によらずに借金を整理し、返済していく方法のことです。裁判所を通さず、基本的に借主と貸主との間の交渉で解決を図る方法です。
具体的には、弁護士が債権者と直接交渉して、借金の元金を減額したり、無理のない分間支払方法を決めるなどして、債権者と交渉します。

自己破産

自己破産とは、裁判所に自己破産の申立てをして、借金の支払いの免除を受ける手続のことです。ただし、ギャンブルによって莫大な借金を負ったなど、借金の理由によっては、支払いの免除(免責)が認められない場合もあるので、注意が必要です。免責が認められないと、自己破産は認められたものの、借金は返し続けなければならないということになります。

自己破産、債務の免責が認められると、借金の支払いをしなくてよくなるので、月々の支払いや取立の不安が解消し、経済的な再スタートができるという大きなメリットがあります。

民事再生

民事再生とは、裁判所に民事再生の申立をして、借金を大幅に減額してもらい(原則80%程度)、残りの借金を原則3年間の分割払いで返済する方法を定める手続のことです。
民事再生を利用すると、借金が減るので月々の返済が楽になるというメリットがあります。

個人を対象とした個人再生(個人民事再生手続)には、①小規模個人再生と②給与所得者等再生の2種類があります。

① 小規模個人再生

継続的に収入を得る見込みがあり、住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下の個人が利用できます。
原則として、3年間で、法律で定められた最低弁済額返済していきます。
ただし、借金を複数の先からしている場合は、貸主の半数以上が賛成し、かつその貸主からの借金額が、借金総額の半分以上を占めていなければ利用できません。

② 給与所得者等再生

小規模個人再生が利用できる人のうち、定期的収入があり、その変動幅が、年収換算で概ね20%以内である場合に利用できます。
この場合は、貸主が反対しても、裁判所に認められれば利用することができます。
ただし、過去7年以内に破産法に基づく免責決定を受けている場合は、給与所得者等再生の申立てはできません。この場合でも小規模個人再生の申立てはできます。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから