神奈川県 横浜市の弁護士トップ > クレサラ問題・過払い金請求 > ヤミ金融からの取立が辛い

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

クレサラ問題・過払い金請求ヤミ金融からの取立が辛い

ヤミ金等の取立が厳しく、生活に支障を生じるような場合、借金問題を解決することで、取立も改善させることができます。

ヤミ金融の取立を制限する法律は

貸金業者の取立行為は、貸金業法で規制されています(貸金業法21条1項)。
貸金業法では、正当な理由がない限り、以下のような取立が禁止されています。

など

これらに反する違法な取立は、貸金業法に違反する違法行為として、刑事罰や行政処分の対象になります。
違法な取立行為を受け、夜も眠れないような場合は、警察や弁護士に相談することをお勧めします。

取立の完全解決のためには

借金の取立を根本的にやめさせたい場合は、弁護士に債務整理を依頼することが有効です。
弁護士が債務整理を委任した場合は、貸金業者に対して、弁護士が事件を受任した旨を伝える受任通知を貸金業者に送付します。これにより、貸金業者は借主本人への請求が禁止され、交渉の窓口が弁護士に一本化されるので、借金の取立を実質的にやめさせることが可能になります。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから